Beauty講座
ハリツヤ磨く!美肌育成テクニック

冬に向かって乾燥や冷えが厳しくなる秋は、美肌力が低下し、肌悩みが現れやすくなる時季です。そこで、まずはスキンケアの基本となる化粧水や美容乳液で肌を丁寧に整え、次に肌悩みに合ったスペシャルアイテムを投入して、肌の内側からハリツヤを育みましょう。基本ケアとスペシャルケアのWケアでしっかり美肌力を磨いて、乾燥に負けないうるおい美肌を目指してください!

「ジーノ」 ビューティーアドバイザー増田 志乃
保湿を重視した基本ケア 美肌力を磨くスペシャルケア
基本アイテムの使い方や使用量を改めて見直しましょう!

肌が乾燥して肌バリアが乱れると、さらに乾燥が進んで肌悩みが深刻化します。そうした乾燥による負のスパイラルを断ち切るための第一歩として、化粧水で失ったうるおいを補い、美容乳液で肌バリアを整えることが大切です。化粧水や美容乳液は、毎日使っているうちに使用量が少なくなっていたり、使い方が自己流になっていたりすることがあるので、この機会に使用量と使い方を再確認して、丁寧なスキンケアを心がけましょう。

ストレッチ塗りでうるおいをしっかり肌に届けましょう!

コットンを2枚重ねて化粧水を含ませます。化粧水は500円玉大以上、たっぷり含ませましょう。

コットンで顔全体を軽くパッティングして化粧水をなじませましょう。その後、コットンを両頬に置いてパックします。

化粧水で使用したコットンに美容乳液を1プッシュ。コットンを重ね合わせて、美容乳液をよくなじませます。

コットンを開いて両頬に貼り、1~3分間そのまま置きます。長く貼っておくと、逆に乾燥するので注意しましょう。

乾燥が気になるときは、週1回のコットンパックがおすすめ!

コラーゲンの約1/3,000という極小分子にしたエイジングケア*2を叶えるアミノ酸系高機能成分を配合。素早く肌のすみずみへうるおいを届けながら、ハリツヤを損なう原因にアプローチします。

『アミノ モイスト ローション』

エイジングケアや肌バリアをケアするアミノ酸系成分「エルデュウ®*3」を配合。乾燥やエイジングで乱れた肌バリアを整えて、うるおいを守り、内側からふっくらとしたハリを育みます。

『アミノ モイスト エッセンス』
単品10%OFFはコチラ
守りと攻めの同時ケアでハリツヤ美肌へ磨き上げましょう!

基本ケアにスペシャルアイテムを加えた5ステップのケアで、うるおいを守りながら、美肌力を磨く攻めのケアを行いましょう。この秋は、乾燥からくる肌悩みをバランスよくケアするために、美容液、美容クリーム、目もと口もと用クリームの3アイテムの合わせ使いをおすすめします。それぞれのアイテムで配合されているアミノ酸成分が少しずつ異なるため、合わせて使うことで隙のないお手入れが叶います。

5ステップでハリツヤあふれる肌へ

ハリを「生み」「育て」「守る」ことに着目した美容液。高浸透テクノロジーを採用し、高濃度*2の美容成分を肌の土台へ届けながら、次に使うスキンケアの保湿力が発揮されやすい肌へと整えます。

『アミノシューティカル セラム』

肌バリアをサポートして乾燥や紫外線から肌を守る「ビタミンB6セリン*3」や「エルデュウ®」を高濃度配合。塗ったところに密着する高密着処方で、目もとや口もとの際までしっかりケアできます。

『アミノシューティカル リンクルクリーム』
単品10%OFFはコチラ

肌バリアをケアする「エルデュウ®*6」をはじめ、「ジーノ」史上最高*7の23種類のアミノ酸*8を配合。乾燥などの外部刺激から肌を守ってうるおいを維持しながら、年齢肌のあらゆるトラブルをケアし、うるおいに満ちたツヤ肌へと導きます。

『アミノシューティカル クリーム』
『高保湿リンクルケアセット』

◇アミノ酸:保湿成分