Beauty講座
美肌力を磨き上げるプラス1アイテム活用術

夏は、いつも通りにケアしていても、紫外線による肌ダメージが蓄積して、肌トラブルが表面化しやすくなります。夏に肌ダメージが加速しないようにするためには、今のうちからスキンケアを強化して、肌をすこやかに整え、美肌力を磨いておくことがポイントです。
そこで今月は、化粧水や美容乳液による基本のケアにプラスすることで、理想的な肌へとケアする、おすすめの4アイテムとその使い方をご紹介いたします。理想の肌印象に合わせておすすめのアイテムを追加して、夏を迎えても肌トラブルのない、うつくしい肌を目指しましょう!

理想の肌へとケアするおすすめアイテムと、その使い方をご紹介します!
さぁ、目指す肌印象に合わせてアイテムを追加してみましょう!
しっとりうるおいに満ちた肌へ導くアイテムは…

梅雨の時季は、湿度が高く、肌も乾燥しにくいように思いがちですが、実は汗や紫外線、冷房などで、肌内部の乾燥が進みやすくなっています。そこで、乾燥が気になる方や肌悩みが複数ある方には、『アミノシューティカルマスク』で集中保湿をすることをおすすめします。暑い日は、冷蔵庫で冷やしておくと心地よくケアできます。週に1、2回使用して、うるおいをチャージしましょう!

『アミノシューティカルマスク』

マスクを目、鼻、口の位置に合わせてのせたら、上から手のひらで押さえて顔全体に密着させます。

そのまま約5分間置いたらマスクをはずし、肌表面に残った美容液をやさしくなじませます。

アミノシューティカルマスク
わずか5分の集中ケアでふっくらうるおい肌へ
『おうちエステうるおい浸透セット』
くすみ感☆スッキリ輝き肌へ導くアイテムは…

6月は、雨や曇りの日が多くなりますが、紫外線は雲をすり抜けて地上に降り注ぐので注意が必要です。この時季にくすみ感が気になる方やシミが目立つ方は、保湿ケアと美白ケアの両方からくすみやシミの原因にアプローチする『アミノホワイティブセラム』を投入しましょう。紫外線ダメージは受けたその日にケアすることが鉄則。朝晩使って、クリアな輝き肌を目指しましょう!

『アミノホワイティブセラム』
美白★成分を高濃度*3配合。くすみ感を徹底ケア

1回の使用分を手のひらにとり、額、鼻、両頬、あごの5カ所に少量ずつ置いてから顔全体になじませます。

矢印の流れで顔全体になじませたら、手のひらで顔を包み込んで軽くプッシュしてしっかり浸透させます。

アミノホワイティブセラム30mL
『アミノ酸美白ケア実感セット』
ハリとツヤのあふれる肌へ導くアイテムは…

紫外線は肌内部まで届いて、肌に弾力を生み出しているコラーゲン線維にもダメージを与えます。肌にハリツヤがない方やキメが乱れていると感じる方は、『アミノシューティカル セラム』で、紫外線ダメージを受ける前からしっかりケアをはじめましょう。ぷるぷるのジェルタイプで浸透*1力が高いため、重ねつけしてもベタつきにくく、暑い時季でも心地よくお使いいただけます!

『アミノシューティカル セラム』
化粧水と美容乳液の間に使用

手のひらに1回分をとり、下から上、中から外へ向かって、顔全体にゆっくりなじませます。

顔全体に浸透したら、もう1プッシュ手に取り、ハリ不足を感じる部分に重ねつけしましょう。

肌のすみずみへ*2届いて肌の土台からハリを育む
アミノシューティカルセラム 30mL
エイジングサインの目立たない肌へ導くアイテムは…

目もとや口もとは、皮膚が薄く、乾燥や紫外線の影響を受けやすいため、紫外線ダメージが広がる前に肌バリアを整える保湿ケアを手厚くしましょう。目もとの乾燥小ジワが気になる方や年齢線が目立つ方には、『アミノシューティカル リンクルクリーム』がおすすめです。高密着処方でにじみにくいため、日中に乾燥が気になるときは、メイクの上からお使いいただけます!

『アミノシューティカル リンクルクリーム』
保湿力の高いクリームで年齢サインを集中ケア

片方の手でこめかみを軽く持ち上げて、シワに逆らうようにクリームを塗り込みます。

片方の手で頬を軽く持ち上げ、年齢線に平行にクリームを塗り込みましょう。

アミノシューティカル リンクルクリーム 15g
『おうちエステ浸透ハリケアセット』

◇アミノ酸:保湿成分