Beauty講座

夏本番を迎えて、強い紫外線や冷房による乾燥などのダメージが蓄積してくるころです。肌不調を感じたら、いつものケアにスペシャルアイテムを追加して早めにケアを。夏のダメージを残さずにすこやかな肌で秋を迎えるために、おすすめのアイテムとケア方法をご紹介します。

夏肌メンテナンス
夏のダメージは夏の間にケアしましょう!

皮脂や汗とともにうるおいが流れて乾燥が進むと、肌がゴワついたり、くすみ感が強くなったりします。そんなときは、『アミノシューティカルマスク』でうるおいチャージを行いましょう。週に1〜2回、約5分間のマスクケアで、肌のすみずみまでたっぷりうるおいが届きます。

うるおい補充ケア

24種類のアミノ酸*2を配合した美容液成分を20mLも染み込ませたシートマスク。輪郭や顔の凹凸にピッタリ密着しやすいカッティングを採用し、肌のすみずみまでうるおいを届けます。

美容成分を凝縮した贅沢なシートマスク
『アミノシューティカルマスク』のここが好き!

夏は紫外線量が多く、ハリのもととなるコラーゲン繊維が破壊されやすいため、ハリ不足が加速しがちです。そこで、『アミノシューティカル セラム』でしっかりコラーゲンケアを行いましょう。化粧水の後に、浸透*4力の高い美容液を使うことで、その後に使う美容乳液の浸透もよくなります。

ハリ不足ケア

22種類のアミノ酸*5を高配合。夏にも使いやすいのびのよいジェルタイプで、ベタつきにくく、すばやく肌のすみずみへと浸透。ハリを育み、キメの整ったうつくしい肌へと導きます。

肌の土台から湧き上がるようなふっくらとしたハリ肌へ
『アミノシューティカル セラム』のここが好き!
『ハリ・たるみケア実感セット』

シミ部位ではメラニンの生成が過剰になっているため、夏の強い紫外線を受けると、さらに濃くなりやすいので注意が必要です。シミが気になる方は、『アミノホワイティブEXショット』でシミを集中的にケアしましょう。ケアするときは、化粧水や美容乳液も美白ラインに切り替えるとより手応えが!

シミ集中ケア

美白有効成分「トラネキサム酸」に、美白ケアをサポートする13種類のアミノ酸*1を配合。シミ部位特有のメラニンの過剰な生成を抑えることで、今あるシミをケアし、新たなシミを防ぎます。

本気の美白ケアでシミにアプローチ
『アミノホワイティブEXショット』のここが好き!

目もとや口もとは、皮膚が薄くうるおいが逃げやすい部分。夏の紫外線や乾燥のダメージが出やすいので、保湿力の優れた『アミノシューティカル リンクルクリーム』で日中もこまめにケアを。スキンケアの仕上げに使って、うるおいが逃げないように閉じ込めましょう。 

濃密保湿ケア

独自成分「ビタミンB₆セリン*4」を「ジーノ」史上最高*5濃度で配合。高密着処方のクリームがケアしたい部分にぴったり留まって、乾燥小ジワや年齢線をしっかりケアします。

濃密な肌バリアでうるおいとハリを守る
『アミノシューティカル リンクルクリーム』のここが好き!

◇アミノ酸:保湿成分