Beauty講座
季節の変わり目を乗り切る!

秋のはじまりは、夏のダメージが蓄積して、肌トラブルが表面化しやすい時季です。
そこで、なんとなく感じている肌悩みをこれ以上深刻化させないために、
今の肌に必要なケアを確認してみませんか。チャートに答えていくことで、
基本アイテム2品とスペシャルアイテムを組み合わせた、
あなたの肌におすすめの3ステップケアが見つかります!

お悩み別おすすめ3ステップケア あなたにおすすめなのは

夏の紫外線ダメージによって厚くなった角質が蓄積して、うるおいの浸透が悪くなっているようです。そんなときは、『アミノマッサージジェル』でマッサージを。その後のスキンケアのうるおいが浸透しやすくなり、やわらかく、うるおいに満ちた肌へと整います。

うるおい導入ケア

保湿アミノ酸の「セリン」「アルギニン」「リジン」「PCA」を配合。もっちりと弾力のあるジェルが肌にうるおいを与えながら、摩擦を抑えてマッサージをサポート。マッサージ後は肌がほぐれて、うるおいが浸透しやすい肌に。

マッサージで肌をほぐしてうるおいあふれる肌へ
お手入れポイント 『秋の保湿ケア実感セット』

肌バリアが乱れて、うるおいが逃げやすく、乾燥ダメージが広がっているようです。美容クリームをプラスして、肌バリアを磨き上げましょう。『アミノシューティカル クリーム』で肌バリアを整えながら、乾燥からくるエイジングサインをしっかりケアしましょう。

濃密 うるおいケア

肌バリアをケアする「エルデュウ®*4」をはじめ、「ジーノ」史上最高*5の23種類のアミノ酸*6を配合。乾燥などの外部刺激から肌を守ってうるおいを維持しながら、年齢肌のあらゆるトラブルをケアし、うるおいに満ちたツヤ肌へと導きます。

スキンケアの仕上げにひと塗りうるおいが持続する肌へ
お手入れポイント 『保湿とエイジング ダブルケアセット』

肌の弾力やハリを生みだすコラーゲン層へのダメージが進んでいる可能性があります。そんなときは、浸透*1力の高い『アミノシューティカル セラム』でハリに特化したケアを。肌のすみずみへとスキンケアのうるおいを引き込んで、ふっくらと湧き上がるようなハリ肌へ。

ハリケア

ハリを「生み」「育て」「守る」ことに着目した美容液。高浸透処方を採用し、高濃度*4の美容成分を肌の土台へ届けながら、次に使う美容乳液の保湿力が発揮されやすい肌へと整えます。

ハリに特化した美容液で湧き上がるようなハリ肌へ
お手入れポイント 『高浸透ハリケアセット』

夏の間に浴びた紫外線の影響で、メラニンの生成が過剰になっていると考えられるため、集中的な美白ケアを行いましょう。美白化粧水と美白美容乳液の間に『アミノホワイティブセラム』を加えることで、美白ケアが加速し、ワンランク上のクリア肌が叶います。

美白★ケア

味の素(株)が約10年かけて開発した独自成分「リバイタクト®S-CYS-50」でメラニンの過剰生成を抑えて、
「クリアブライトアミノ酸*9」でくすみの原因となるダメージ物質にアタック。肌本来の輝きと美しさを引き出します。

「ジーノ」史上最高*5の美白力でくすみ肌をクリアな輝き肌へ
お手入れポイント 『秋からの集中美白ケアセット』

◇アミノ酸:保湿成分